著者プロフィール

津村浩介(TSUMURA Kosuke)


tgd-019最近、会社のアラサーメンズ(独身)を見ていて、いわゆる、巷でいわれる「草食系男子」が多いと感じる。ただ、「草食系」にも2種類あって、「天然の草食系」と「女の子をデートに誘えないシャイな結果としての”草食系”」が存在すると感じる。そして、ここ数年、何度かゴルフ仲間の後者の「女の子をデートに誘えないシャイな草食系男子」に、デートシナリオを授け、口説き方のアドバイスをして、いわゆる「デートコーチング」のようなことをやってきた。今風に言えば、「デートコンシェルジュ」だ。

そんな、自分にできる社会貢献は、なんだろう?

自分の棚卸をして、今の僕にできるのは、上質な「大人の東京グルメデートシナリオ」を記すこと。そして、その「大人の東京グルメデートシナリオ」にできることは、シャイな草食系男子を元気づけ、日本経済を活性化させること。

人は恋をすればお金を使う。デートする。食事する。プレゼントをする。移動する。お泊りする。

そう、これが「恋愛消費」。
これらの消費が、株価、円安と相まって、日本経済を底上げする。そして、少子化対策にもなる。

その社会貢献に求められるのが、今まで、表だって取り上げられることのなかった「デートシナリオライター&デートコーチング」だ。

「大人の東京デートシナリオ」を多面的に展開することにより、「デートコーチングの確立」を図り、日本を元気に!

これが、僕ができる社会貢献なのだ。

【デートコンシェルジュ 基本仕様】

既婚、横浜市出身、早稲田大学卒


tgd-031