「グルメデート5原則」■5原則総括① ~5原則は”ミッションの遂行”に通ず ~2019/04/26~

2019年04月28日

今迄、「グルメデートを貫く基本5原則」をご紹介してきました。昨日で、5原則の各論のご紹介は終了です。

最後に、「基本5原則」の復習の意味も兼ねて、総括をさせて下さい。

この5原則は、津村がグルメデートシナリオを企画する際に、常に心がけている原則です。

これらが、意識的でも無意識的でも、グルメデートの構成要素に含まれていればいるほど、そのシナリオの完成度が高くなると言えます。

必ずしも、この5原則の要素すべてが含まれている必要はありませんが、意識して盛り込み、そのプランを推敲する際に、この5原則がどう組み込まれているかを確認し、グルメデートシナリオの上質水準を保つようにしています。

受講生が覚えやすいように、”格言”にしたフレーズをまとめて、再度、ご紹介しましょう。

1)旬を制する者は”彼女の胃袋”を制す ⇒ ”彼女の胃袋”制する者は”彼女の恋心”を制す。

2)上質を制する者は”グルメデート”を制す ⇒ グルメデートを制する者は”彼女の 恋心”を制す

3)非日常を制する者は”彼女の心の隙”を制す ⇒ 女心を制する者は”彼女の恋心”を制す

4)GAP(緩急)を制する者は”恋のシナリオ”を制す ⇒ 恋のシナリオを制するものは”彼女の恋心”を制す

5)艶を制する者は、”彼女の本能”を制す ⇒ 彼女の本能を制する者は”彼女の恋心”を制す

以上の様に、「基本5原則」の各要素は、すべて、”彼女の恋心を制す”に繋がっていることがお分かりになると思います。
津村の「大人の東京グルメデート」のミッションは、以下の通りです。

1)1軒目で彼女の胃袋を鷲掴みにし(美味しい食事と会話を楽しむ)

2)2軒目で彼女の恋心に火を灯す(艶っぽく彼女を口説く)

5原則も、それを具体的に言語化した「最強のグルメデート術 21の法則、77のテクニック」も、すべて、このミッション遂行にすべてが繋がっているのです。

ページトップへ