「グルメデート5原則」■5原則総括② 5原則と21の法則&77のテクニック誕生の経緯 Ⅰ ~2019/04/27~

2019年04月28日

ちょっと、大げさなタイトルになってしましましたが、今迄ご説明してきた「グルメデート5原則が」グルメデートを律する基本概念で、さらにそれを具体化したのが、「最強のグルメデート術:21の法則、77のテクニック」なのです。

そして、その原則に基づいた”戦略”が、21の法則、具体的な”戦術”が、77のテクニックという位置づけになるのです。

今迄、法則については、5原則の説明の際に、

1)2軒目へのタクシーワープの法則
2)2軒目のカウンターの法則

については、説明の流れ上、具体的にご紹介してきました。こういった法則が21、それを実行するためのテクニックが77、ということで、この3つの要素、「5原則、21の法則、77のテクニック」をマスターすることで、実践的なグルメデートを楽しめるスキルが身に着くのです。

1)法則の成り立ち

いい機会なので、津村がなぜ、グルメデートを法則化しようと思ったかそして、「大人のグルメデートセミナー」を主催するに至ったかを記します。

津村は現役のサラリーマン。会社の後輩には、まじめな(=女子慣れしていない)独身のアラサー&アラフォーメンズがあまた生息しています。

彼らの大半は、国立大学か早慶の大学院を出た優秀な技術系エリート。ですが、ありがちなように、技術系故、大学時代もあまり、女子に触れ合うこともなく、下手をすると、中高一貫の男子校出身だったりします。

職場にも、化学系以外では、まだまだ、リケ女の社員も少ないのが現状です。

そんな彼らの話を聞いてみると、そのほとんどが、「いつかは結婚したい」と”漠然”と思い描いており、でも、何も具体的な行動が伴っていない(どうしていいかわからない)という状況で、悶々と、寂しい日々を送っている後輩が多いのですね。
一方、津村は、ゴルフの際の移動手段を確保するため、彼らにゴルフを覚えさせ、年に数度のゴルフ合宿をするのが、いつの間にか定着していました。大抵、2泊3日で、友達の別荘、温泉、或は、ゴルフ場の宿泊施設であったりするのですが、合宿故、ずーっと、一緒に過ごすわけです。
いつしか、夜の酒席で、彼らの恋愛相談、デート指南をするようになりました。

そんな彼らに「グルメデート指南」をしたところ、評判が良かったのです。

ということで、続きは来週に(^^♪

ページトップへ