第4原則:GAP(緩急):B級 ⇒ A級でのGAPの作り方③ ~2019/03/15~

2019年03月16日

4)魅惑のホテルバー

さて、もつ焼きやから、2軒目へのアプローチはどうしますか?

もうお分かりですね。”タクシーワープ”を使うのです。五反田からだと、ウエスティンホテル(恵比寿)がいいでしょう。サクッと、ウエスティンのエントランスに乗りつけるのです。

もちろん、お泊りするわけではないけれど、やはり、彼女もテンションが上がります。

なぜなら、つい、数分前まで、”もつ焼きとレモンサワーで愚痴る”というサラリーマンワールドにどっぷりつかっていたのに、目の前には、ウエスティンのふかふかの赤いカーペット。

この対比が、彼女の高揚感を最大限に引き出し、かつ、これから向かう最上階のバーへの期待感も高めるのです。

ここで、エレベーターはどこだっけ?などとうろたえれば、彼女の高揚感に水を差すことになります。ですから、かならず、事前に現場検証して、迷わず、彼女をエスコートできるようにしておくのが、グルメデートの達人への道なのです。

さて、ゴージャスなエレベーターは、二人を乗せて、最上階のバー、”コンパスローズ”へ。

8時30分以降は、ミュージックチャージ(¥1,500/人)かかりますが、華やかさを演出してくれます。

カウンターの真ん中あたり、東京タワーが見えるアングルの席が、2席だけあります。ここが空いていれば、超ラッキーですね。

左奥にはソファ席もあり、ゴージャス感がありますので、窓際のソファ席があいていれば、そこもおすすめです。ソファに並んで座りましょう。

もつ焼きでお口の中がしょっぱいので、カクテルに加え、お口直し用のチョコレートもオーダーするのがスマートですね。

さあ、カクテルを夜景にかざし、乾杯。

つい先程までの、サラリーマンのおじさんに囲まれた”もつ焼きとレモンサワー”ワールドが、”音楽の生演奏とキラキラ夜景、そして、”洒落たカクテルとチョコレート”に。

これが、GAP(緩急)をつける、と言うことなのです。

そして、心のデトックスをした彼女の恋心に火を灯すのは、あなたです。

ページトップへ