第4原則:GAP(緩急):B級 ⇒ A級でのGAPの作り方② ~2019/03/14~

2019年03月16日

3)B級⇒A級

この事例としては、例えば、以前ご紹介した、五反田のもつ焼きから、タクシーで、恵比寿のウエスティン東京の最上階バーへ彼女をエスコートする、というのが、その一例ですね。昭和の風情が色濃く残る、というか、そのままのもつ焼き屋のカウンターで、一串100円のもつ焼きを頬ばりながら、生絞りのレモンサワーを流し込む。

煮込み、レバかつ、ハムかつ、ポテサラなどのサイドメニューも、充実しているので、目移りしてしまう。彼女も、女子会では行きたくてもいけない、ディープな昭和の雰囲気を感じながら、”おじさんグルメ”に舌鼓。

ここでは、艶っぽいトークより、いっそ、周りのサラリーマンのおじさんたちを同じように、仕事のストレスを発散させてあげましょう。

そして、あなたの愚痴は封印するのです。あなたは、聞き役に徹して、彼女の仕事の愚痴を聞いてあげるのです。

彼女は、”もつ焼き”を頬張りながら、レモンサワーのお代わりのピッチも上がり、あなたには、普段話さないようなことも聞けるかもしれません。ただ、あなたは、間違っても、彼女の愚痴を論評したり、間違いを指摘したり、こうするべきだ、なんて”説教”はしてはいけません。

こんなところで、説教したら、たちまち、彼女はご機嫌な斜めになり、2軒目どころではなくなるでしょう。ただ、あなたは、聞き役に徹し、彼女の”心のデトックス”をさせてあげるのです。

そうすれば、彼女も、ますます、カミングアウトするかもしれません。

そして、「あっ、私こんなことまで話しちゃった」と言う気持ちがあなたへの信頼感だと勘違いし、それを、2軒目で恋心に勘違いさせるのが、あなたのミッションです。

 

まあ、今でこそ、偉そうに言う津村ですが、僕も、若い頃、何度か彼女達の地雷を踏んでしまった経験があるのです(#^^#)

ですから、良い子の皆さんは、先輩のアドバイスには、耳を傾けましょうね(^_-)-☆

これらの具体的失敗談は、セミナー受講生にも大ウケけします(#^^#)

ページトップへ