グルメデート5原則 第1原則:旬その⑥ 2019/01/18

2019年01月20日

1)受講生からの質問

先週は、この時期に最適な「グルメデート」のネタとして、”ふぐデビュー”に丁度いい「築地の気取らないふぐや屋」を、その”お誘いトーク”と共にご紹介しました。

おそらく、彼女は、ふぐのフルコースを食べたことがない可能性が高い(或は、格安ふぐチェーンでしか食べたことがない)ので、お誘いの成功確率が高いということもお伝えしました。

ただ、この話を受講生にすると。

①とてもあんなに”お誘いトーク”長くしゃべれない
②第一、ふぐなんて食べたことがない

という指摘を受けます。

成程、それもそうですね。

ということで、津村のアドバイスです。

①については、もちろん、全部を話す必要はありません。彼女の反応を見ながら、でも、このお誘いトークを”テンプレート”として、アレンジして使ってください。また、臨場感を出すために、食べログの写真を活用するのもいいでしょう。

②について、確かに、アラサーでフグを食べたことがない方もいらっしゃるでしょう。

一番いいのは、事前に経験する(食べる)ことなので、できたら、男友達でもいいので、、ふぐのフルコースを経験するのがいいのでしょう。ただ、なかなか、そこまで、お金をかけて周到な準備をするのは難しい方もいるかもしれません。

その場合は、”マインドセット”をし直すのです。

つまり、”グルメの先輩に聞いたんだけれど”、と言う枕詞をつけて、先のお誘いトークを、食べログの写真、口コミを見せて、語ればいいのです。

そして、キメ台詞は、僕も食べたことがなから、

「一緒に、大人の儀式、一冬に一回のフグフルコースを食べに行かない?」

と軽く誘えばいいのです。

明日は、この”お誘いの方法♪”のメリットを解説しますので、お楽しみに。

ページトップへ