グルメデート5原則 第1原則:旬その⑤ 2019/01/13

2019年01月13日

ふぐの”お誘いトーク”、如何でしたか?これなら、彼女の”ふぐって、食べてみたい”という素直な欲求を引き出さすことができると思いませんか。

では、ふぐという「旬」のネタで彼女を誘った場合、彼女の心の中を覗いてみましょう。

 

1)”ふぐ”:旬な食材

ふぐって、美味しそう。昔から、接待とかの定番で、おじさんたちがこぞってたべてるんだから、美味しいに決まってるわね。でも、高そうだし、女子会ではいけない。チェーン店の格安ふぐっていうのも、なんか、違う気がする。

そういえば、コラーゲンもたっぷりで、お肌にもいいっていうし、大人の女として、ふぐのフルコースをそろそろ経験しておいたほうがいいかも。

 

2)”ふぐ”:期間限定

しかも、ふぐが、美味しいのは、まさに、冬の時期。彼が言ってた、「一冬に一回はフグを食べるのが大人の儀式」だって。このチャンスを逃したら、また、1年後だわ。

 

3)あなたのことはきらいではない(”お友だちホルダー”の一人)

しかも、一人で行くのは様にならないから。一緒に行かないかって、言ってたわね。

ふぐが食べたい彼に便乗して、ちゃっかり、ご馳走になってもいいかも。

 

如何ですか?

このような思考プロセスを得て、彼女が、自分を納得させるのですね。つまり、彼女が、「自己正当性」をつけやすい”お誘いトーク”をすれば、「YES」いう確率が高くなるのです。

さあ、良い子の皆さん、このお誘いトーク、今が一番、威力を発揮しますよ。是非、お試しください。

津村の経験からも、”ふぐのお誘いトーク”での成功率は非常に高いということをお伝えしておきます。

 

ページトップへ