日本在住のイタリア人おススメのイタリアンリストランテ♪

2017年03月12日

1)東京のイタリアンリストランテ事情♪

 

東京食べるイタリアンは、どれも美味しいですね。

シェフを基準に分類すると、

 

①国内で修業した日本人のシェフ

②イタリアで修業した日本人のシェフ

③イタリア人シェフ

となりますね。

 

①は、時々外れはあるものの、②と③は、どのお店も美味しいと、日本人の僕は思います。

でも、かつてビジネスで付き合いのあった日本在住のイタリア人(トスカーナ出身)に、彼の基準で選ぶ、東京のベストイタリアンに、何軒か連れて行ってもらった時期があります。それらのお店のチーフシェフは、すべてイタリア人。そして、スタッフにも数名のイタリア人という布陣が殆どでした。なので、お客さんにもイタリア人が多い、そんなリストランテでした。だから、店の雰囲気もどかか垢ぬ抜けていて、まるで、イタリアのリストランテにいる様な「錯覚」を覚えたももの。

 

そんな話をしたら、彼女は、興味津々。と言うことで、今日は、その中のひとつ、本格的イタリアンリストランテでありながら、比較的リーズナブルな、半蔵門にある「エリオロカンダ イタリアーナ」に彼女をエスコートすることに。

 

待ち合わせは、リストランテに徒歩1分の半蔵門駅出口2を出たところにあるサンマルクカフェがいいでしょう。

 

 

2)お店の仲はまるでイタリア♪

 

お店に入ると、スタッフが出迎えてくれて、コートを預かってくれる。

いつ行っても、7時過ぎには、満席になるリストランテで、日本人同士のスタッフもやりとりはイタリア語という徹底ぶり。逆に、数名いるイタリア人の給仕は、たどたどしい日本語で、一所懸命、料理の説明をしてくれる。店内は、適度な喧騒に包まれて、とても、明るい雰囲気だ。

さて、ビール好きの彼女。だから、イタリアンでも、まずは、ビールで乾杯。お店のおススメの鳥取のクラフトビール。味にコクがあり、いかにも、地ビールといいた口当たりで美味しい。

 

DSC08791

 

 

3)オーダーのお作法♪

 

このお店は、エリオ(オーナー)が、1995年にこの地にオープン。エリオのおばちゃんの味を再現した料理を出すリストランテで、地域的には、南イタリア、シチリアが中心だ。

もちろん、コース料理も用意されている(¥5500、¥7000、¥9000、¥11000)ので、それを頼むのが、簡単でコスパも良いことはわかっているが、それでは、メニューをあれこれ迷いながら(=楽しみながら)選ぶ面白みに欠ける。

そこで、僕は、彼女に提案。

「¥7000のコース料理を頼んだつもりで、2人で相談して、合計¥14000以内で、アラカルトで今夜のディナーを組み立てよう」

ということで、ハウスワインの赤のボトルをオーダーし、まずは、メニューを覗き込む。

 

DSC08796

 

 

4)アンティパストの注文をフレキシブルに♪

 

さて、どれも美味しそうなので、彼女はなかなか決められない。

僕は「5種盛り」の中身をスタッフに尋ねて、彼女と相談して、その中から、カポナータの代わりにプロシュート(パナマ産)を入れてもらうことにした。

出てきたお皿は、ご覧の通り。左上から、時計回りで、

「もんごういか、なす、大山鶏、仔牛、プロシュート」。

生ハムが美味しいのは言うまでもなく、大山鶏のパテ状のものが深いコクがあり絶品。

 

DSC08800

 

 

そして、「ひらめの冷製カルパッチョ」。

 

鯛や平目といった白身の魚とオリーブオイルは相性がいいですね。こうやって、生の魚を食べるところも、イタリア人と日本人の味覚の相性がいい理由の一つだろう。

 

DSC08798

 

 

あと、写真に撮り忘れたのが残念ですが、自家製のパンも美味しい、。4種類のパンが出てきて、どれも美味しい。彼女は、ハーブを練り込んだハードタイプのパンが気に入ったようだ。

 

 

5)パスタは海の幸スパゲティー♪

 

さて、パスタも目移りしたが、ここは、イタリア人のスタッフから勧められた王道の「海の幸スパゲティー」にしました。2人でシェアするので、予め、一人分をそれぞれ小皿に盛り付けて出してくれる。

 

ホタテ、ツブ貝、ムール貝。

上品な塩味と相まって、お腹にするすると収まってしまう。

 

DSC08805

 

 

6)メインはメカジキのグリル♪

 

さて、メインは、お肉にするかお魚にするか、両方にするか、、、。

実は、ここの売りの一つが、ドルチェ。それも、ワゴンで出てくる。それを彼女に話したら、「おなか一杯になる前にドルチェを食べたい」とのこと。なので、メインは、肉か魚かどちらかにして、2人でシェアすることにしました。

彼女が選んだのが、メカジキのグリル。

これも、上品な塩味で、体に優しい美味しさだ。

結果的に、お魚系が多くなったので、ワインは白が良かったかな、なんて、彼女と苦笑。でも、これも、ご愛嬌だ。

 

DSC08806

 

 

突然、あたりが暗くなる。

そう、誰かの誕生日。

スタッフが、キャンドルの付いたケーキをテーブルまで運び、イタリア語で、”Happy Birthday to you”を謳い、終わると、お客さん全員で拍手で祝福する。

 

 

7)お待ちかねデザートワゴン♪

 

さあ、お待ちかね。デザートワゴンがやって来た。

彼女のテンションが上がる。

イタリア人のスタッフが、一つ一つ(日本語で)説明してくれる。

「好きなだけ選んでいいよ」と、彼女に声をかける。

 

DSC08809

 

 

彼女が選んだのが、ご覧の通り。

一番上から、時計回りで、ミルフィーユ、カンノーリ、フルーツカクテル、ダークチェリーパイ。もちろん、定番「テラミス」もあり、本当に目移りしてしまいますね。

ミルフィーユは、期待通りの味。

カンノーリは、そう、昨年11月に「築地の海鮮イタリアン」で食べたことを覚えていて、オーダー。映画、「ゴットファーザ」、「ゴットファーザIII」に出てくるシチリアのお菓子だ。固いパイ生地を折ると出てくる甘いクリーム美味しい。

フルーツでお口直しをして、甘さ控えめのダークチェリーパイ。

 

しかし、「デザートワゴン」というのは、女心を虜にするみたいですね。彼女も「デザートワゴンがよかった。そして、おなか一杯になる前に、デザートを食べられて良かった」と申しておりました。

 

 

DSC08818

 

 

そして、カフェと同時に、ビスコッティとチョコレートが供される。

 

DSC08826

 

 

8)帰りにエリオがご挨拶♪

 

会計を済ませ、コートを持ってきてもらう。すると、奥から、オーナーのエリオが出てきました。

おそらく、アラブ系の血が入ったイタリア人で、大きなおなかで、笑顔が人懐っこい。

彼女が、「美味しかった」というと、伊太利人よろしく、彼女の手を取り、手の甲にキス。

さて、お代は、¥18000ちょっと。

当初の思惑通り、食べ物だけなら、¥14000以内に収まった。

ということで、お手軽にコースを頼むのもいいけれど、彼女とあれこれ悩みながら(楽しみながら)メニューを決めていく作業は、『彼女との一体感』を醸成してくれるので、また、彼女の好みを知ることができるので、かなり、おススメだ。

 

 

9)ここは、ランチもおいしい♪

 

そうそう、ここは、ランチもおススメだ。

パスタランチなら、¥1500で、サラダ、自家製パン、コーヒーがついてくる。

ランチコースは、¥3500からとリーズナブル。

 

まず、ランチでお店の雰囲気を味わい、改めて、ディナーに訪れるのもいいかもしれない。

 

 

 

ページトップへ