目黒で焼肉三昧の後は妖しいゴロゴロできる個室バーへ♪

2017年01月09日

「ミート矢澤」直営の人気焼肉店♪

 

今回の1軒目は、ハンバーグ、ステーキの超人気店「ミート矢澤(五反田)」直営の目黒で人気の焼肉屋です。数年前までは「ホルモン稲田」と言う名前でしたが、「焼肉稲田」と名前を変えて、店内もカジュアルな雰囲気から、ちょっと照明を落としたデート向きの内装になりました。

相変わらずの人気店なので、事前予約は必至。2時間30分までの時間制限があります。

ただ、ここは、誰を連れてきても満足してくれるお勧めの焼肉屋ですね。ホルモンも新鮮なので、ホルモンを敬遠気味の女の子も、ここでホルモンの美味しさに目覚め、立派な「ホルモンヌ」になって帰っていきます。

 

 

dsc07359

 

 

まずはシマチョウから♪

 

まずは、乾杯!お疲れ気味の彼女は、烏龍茶をご所望。じゃあ、焼肉食べて元気になろう!

スターターは、キムチ盛り合わせ、白モツ系のマルチョウ、コプチャンで始めるのが、僕達のお約束。味付けが、塩、タレ、味噌の三種類あるので、いつも、塩とタレをひとつづつ食します。因みに食べる順番は、塩→タレをおススメしますね。

一昨年までは、「レバ刺し」も必ずオーダーしてました。ニンニクダレとごま油につけて食べる上品なレバ刺しでした。懐かしいですね、「レバ刺し」。

さて、写真のホルモンはシマチョウ(塩)。

因みに、マルチョウとは牛の小腸で、大腸に比べ、薄くて脂がのっているのが特徴。小腸を筒状のままにカットし、丸い形なのでマルチョウと呼ばれています。

写真ではわかりにくいですが、表面が脂ヌメヌメひかり、皮はほんのりピンク色で、見るからに新鮮。そして、このピンク部分(皮)を重点的に焼いて、そして、返した後はあまり脂側を焼かずに食します。すると、柔らかく、口の中で脂が溶け出し、上品な塩味でお口の中がコラーゲン一杯になるります。以前、彼女もこれを食べて、ホルモンヌになりました。

この焼き方は、次のコプチャンも同様なので、わからなければ、お店のスタッフに聞けば教えてくれるので、美味しく食べるためにも、是非、マスターしたい「焼きの技」ですね。

 

dsc07327

 

 

お次は、コプチャン(タレ)。コプチャンも小腸、マルチョウよりもさらに脂が多め。それをクセになるタレで頂く。

そうそう、稲田は、ロースターの鉄板を頻繁に(新しい肉を焼くタイミングで)交換してくれるから、マルチョウやコプチャンの様に、脂が出るものを最初に焼いても、まったく問題ありません。

 

dsc07333

 

 

ホルモン3つめは、「ハラミ」♪

 

さて、白モツ系から赤モツ系へ。

ハラミは、赤身肉だと思っている人も多いですが、実は、ハツと同様に「赤モツ」といわれるホルモンの仲間。上質のハラミを食べると、早くも、白いご飯が欲しくなりますね。

 

dsc07345

 

 

定番「タン」♪

 

さて、お次はタン。肉の表面にジュワ~と肉汁が浮いて来たら、ひっくり返して、かすかにピンク色が残った状態が食べ頃だ。丁度いい塩梅の噛みごたえになるはず。シンプルに、定番のレモンを絞ってパクリと食べよう。

 

dsc07341

 

 

「上カルビ(塩)」をOTRでいただく!

 

さて、ここで、一気に本命君へ。上カルビ、彼女は、今日は塩で食べたいというので、これです。

 

dsc07351

 

 

カルビの片面を軽く焦げ目がつく程度に焼いて、ひっくり返して、あまり焼き過ぎずに、さっと炙る程度にして、OTR(On the Rice)ですね。

これはもう口福な時間です。今日は、上カルビにしたので、「この一切れが525円!旨いから、まあ、いいか!」なんて言いながら、卵スープで後を追いかけます。

お腹パンパンとなる前に、この位で抑えて、「甘いものは2軒目で食べよう」と彼女に提案しました。

 

dsc07354

 

 

2軒目のバーへは「タクシーワープで!

 

今宵は、お隣の駅、恵比寿にある、「隠れ家」と呼ぶにふさわしい、看板もないバーの個室へ彼女をエスコート。もちろん、彼女には、どんなバーかは説明していない。そう、いつも、サプライズ。

JRで行くのは、無粋というもの。例え一駅でも、満員電車に乗ったら、折角の高揚感が消えてしましますね。そう、だから、ここは、タクシーワープ。ワンメーターで、目的の恵比寿南の交差点を目指します。そうそう、タクシーに乗ったら、ジェントルマンよろしく、彼女のバックを受け取り、彼女の膝に何も載せない様にするのが、お約束。だって、タクシーの”中”の眺めもお楽しみの一つですから。

 

dsc07363

 

 

こんなところに、本当にバーーが?

 

さて、恵比寿南の交差点でタクシーを降り、左に曲がってピーコック(スーパー)の手前の何の変哲もない雑居ビルの入り口へ。「えっ、こんなところにバーがあるの?なんか、大丈夫かしら」と不安そうな彼女。まあ、訝しがるのは仕方ないかもしれませんね。そこは、彼女の背中をもうひと押し、「大丈夫、おもしろいバーなんだ」。

狭いエレベーターで3階へ。目指すは、「サザンダイニング」という食事もできるバー。しかし、目の前に或るのは、黒いドア、インターフォン、これだけ。店の看板、名前なんてどこにも書いていない。

インターフォンで予約していた旨を告げる。すると、中からドアが開くという仕組み。まるで、会員制の秘密クラブ見たいですね。

 

ゴロゴロできる個室でデザートを♪

 

ここの価値は、個室があること。

まあ、個室と言っても、出入り口(1メートル弱の幅)にカーテンが掛かっており、中に人影が見える、といった半個室状態。でも、靴を脱いで上がり、ゴロンと横になれる広さ(3畳位)があり、なかなか使える半個室です。

まずは、乾杯。

彼女はシンガポールストリングス。僕は、ゴットファーザというカクテルで乾杯!

シンガポールストリングスは、ご存じ、シンガポールのラッフルズホテルで生まれた有名なカクテル。本来は、チェリーの赤が鮮やかなカクテルですが、これは、キウイを使ったバージョンだとか。

ゴットファーザは、その名の通り、映画ゴットファーザが公開された1972年の直後に世に出たカクテルで、アーモンドの香がするイタリア産リキュールのアマレットを使ったウイスキーベースのカクテル。

部屋はこんな感じで、アットフォーム。まるで、彼女の部屋で飲んでいる気分になります。

 

dsc07378

 

 

さて、デザートは、フルーツとアイスクリームの盛り合わせ。焼肉でお口が少ししょっぱくなっているので、丁度いいデザートですね。

 

dsc07385

 

さて、「ゴロゴロできる個室」であることは、以下の写真でわかるでしょ。クッションもおいてあって、横になってリラックスできます。

 

dsc07409

 

まあ、大人なので公序良俗としてのマナーを守り、常識的な範囲内で、イチャイチャできますよ。十分。

後は、君の腕(口?)次第かな。

ページトップへ