ウニの炊き込みご飯で〆て、2軒目は暖炉バーでウオッカを♪

2016年12月23日

1)中目黒のカジュアル割烹♪

 

割烹というのは、カテゴリーとしては、居酒屋以上料亭未満といった所で、ちょっと、敷居が高くて、接待用のイメージもありますね。でも、「いふう」は、若者の街、中目黒で、割烹料理をリーズナブルに提供してくれる人気の庶民派割烹だ。それ故、いつも混んでいるので、事前予約をお勧めする。

予約は、10日前の11時から受け付けている。彼女と2人なら、1Fのカウンター席、それも、写真の様に、板さんの仕事ぶりが見える席をリクエストしよう。

 

 

2)初めての訪問なので、お任せコースで♪

 

まずは、お約束の生ビールで乾杯!

アラカルトのメニューを見ると、「ノドグロの一夜干しの炭火焼」とか「真鯛白子炭火焼」等々、魅力的なメニューが並んでいる。ただ、前から気になっていた、〆に「ウニの炊き込みご飯」が付いている6000円のコースにした。割烹料理の一通りのメニューがコースに組み込まれているので、「いふう」の実力を測るにはうってつけのコースだろう。

 

dsc07416

 

 

3)先付け、お椀、お造り、、、、計11品のラインナップ♪

 

先附

上品な胡麻豆腐。出汁が美味しいので、飲み干してしまいました。

 

dsc07417

 

 

お椀

写真ではわかりにくいですが、蟹の身の上にフカヒレが載っています。トロみがあって美味しい。

 

dsc07419

 

 

お造り

マグロ、ヒラメ、イカ、カンパチ。ある程度熟成されていて、ヌメっとした感触が新鮮。

 

dsc07422

 

 

焼物

鰆の塩加減が絶妙です。そして、その塩加減とサツマイモの甘さの塩梅が計算し尽くされている!と感じるコンビネーションです。

 

dsc07425

 

 

焼物

 

「土佐はちきん地鶏」の手羽先とつくね。

土佐原産の鶏と軍鶏の交配でできた鶏だそうで、肉質に締まりがあり、程よい噛みごたえだ。手羽先の弾力とつくねのコリコリした食感がいい。確かに、これを味わうなら塩だろう。

 

dsc07429

 

 

焼物

玉葱の甘みとシンプルな銀杏の塩味で、更に玉葱の甘みが引き立つ。これも、味のコントラストが絶妙だ。

 

dsc07431

 

 

煮物

 体に優しい味。飲み物は、「国産レモンサワー」。料理の味を壊さない上品なサワーだ。

 

dsc07434

 

 

揚物

 赤と緑は唐辛子。そして、フグの天ぷら。唐辛子はさほど辛くなく、パブリカみたいな食感。フグはレモン汁をかけてさくっと。

 

dsc07438

 

 

酢の物

ここで、酢の物でお口直しですね。しらうおが見えますかね。そして、いよいよお目当ての、、、。

 

dsc07440

 

 

ウニの炊き込みご飯

どうです、土鍋で供される「ウニの炊き込みご飯」。見た目もご馳走ですね。

出汁とウニの旨みを吸ったご飯がおいしい。日本人にしかわからないだろうなあ、という美味しさですよね。

 

dsc07441

 

 

2人で食べきれなければ、残った分をおにぎりにしてお持たせにしてくれる。しかも、写真の様に、かわいい巾着に入れてくれるので、彼女も思わず笑顔。きっと、冷めても美味しいはずだ。

 

dsc07446

 

 

dsc07447

 

翌日、「味が染みててとっても美味しい」と彼女から、お礼のLINEがきました。

 

デザート

さすが、いふう。和食のお店のデザートは、マスクメロンとアイスクリームなんていう出来合いのものが多いけれど、ご覧の通り、デザートにも手抜かりなし!苺の酸味とプディングの軽い甘みがちょうどいい。

品数は多いが、1品、1品の量がそれほど多くないので、そして、炊き込みご飯でおなか一杯にせず、お持たせにしてたので、彼女もデザートまで美味しく食べられたといって、ご満悦。

 

dsc07449

 

 

4)2軒目は、暖炉のあるバーの特等席で♪

 

さて、駒沢通まで出て、タクシーを拾おう。行先は、代官山先の西郷山公園前。

ご覧の通り、レンガが積みあがったお洒落な外観。ここは、本物の暖炉があるバー「レガロ」。冬の間は、本当の薪を燃やしてくれるバーなのです。

 

dsc07458

 

 

ドアを入って右側にカウンター、左手が暖炉のある部屋になっている。数日前に、暖炉の前の特等席を予約しておいた。

この炎のゆらぎは、f分の1のゆらぎといわれ、生体と同じリズムなんだとか。だから、炎の揺らぎを見ていると、なんだか、落ち着く、癒される、、、という効果があるらしい。この暖炉で、炎を見ながら、彼女とベンチシートで肩を寄せ合いウオッカを飲む。

「まるで、旅行に来たみたいだわ」

予想外の展開にびっくりしている彼女。

 

でも、f分の1の揺らぎ効果とウオッカで気持ちよさそう。炎に照らされ、ちょっと頬が紅潮しているように見える。

この部屋には、僕達以外にはまだ、誰もいない。

バーのスタッフは、ずっと奥のカウンターにいて、ここは「死角」となっている、、、。

 

dsc07453

 

 

帰りは、北風の中、彼女が腕を絡ませてきた。途中の蔦屋書店あたりのクリスマスイルミネーションを見ながら、代官山駅まで、歩いて7、8分の距離だ。

 

dsc07462

 

 

ページトップへ