グルメバーガーを堪能し、北青山をそぞろ歩く♪

2016年11月05日

1) 北青山あたり神宮前をそぞろ歩く♪

 

さて、前回のグルメバーガーデートで、本能のままに目の前のハンバーガーに食らいつくことに目覚めた彼女。第2弾は、原宿のサ・グレートバーガー!

場所は、神宮前の交差点から、明治通りを渋谷方面に歩いて、左折した路地にあるので、明治神宮前からアプローチするのが一番近いのですが、お子ちゃまばかりの神宮前の交差点を通って行くより、ここは、ぐっと、大人のアプローチで。

待ち合わせは、表参道の交差点、246を渋谷方面に少し歩いたところにあるスタバで。そこで落ち合い、暮れなずむ北青山、神宮前あたりを漫ろ歩いて気分を高めながら、ハンバーガーショップへ行こう。

このエリアには、お子ちゃまは入ってこない。複雑な路地が却って新鮮で、最近、こじゃれたカフェや渋い焼鳥屋、そして、アンティークショップがあったりして、そぞろ歩きにもってこいの裏路地だ。そう、お子ちゃまや、最近増殖しつつあるインバウンド関連の方々が闊歩する表参道を2人で歩くのも否定しないけれど、こういう細い路地が、彼女には新鮮に映るだろう。

そして、目玉はこれ。このエリアのランドマークとなっている、「青山セントグレース大聖堂」。ここは、結婚式場とレストランを兼ねている商業施設。この大聖堂のおかげで、この界隈は、ちょっと、ヨーロッパにでもタイムスリップした感覚が味わえる不思議なエリアだ。

 

img_4457

 

 

2) まずは、知る人ぞ知るバーのハッピーアワーで喉を潤して♪

 

そして、「じゃあ、グルメバーガーの前に、ビールで喉を潤そう」と彼女を誘おう。そして、「今日の1軒目は、ここだよ」といって、彼女を驚かそう。

実は、「セントグレース大聖堂」の1Fはバーになっていて、19時までは、「ハッピーアワー」。すべてのドリンクメニューではないけれど、大抵のアルコールが¥500というお値打ち価格!

カウンターもあるが、椅子が高いので、空いていたら、ソファ席に座ろう。その方が、彼女もリラックスできるだろう。

 

dsc05303

 

まずは、ハートランドの生ビールで乾杯!

地階は、イタリアンレストランになっていて、大き目のテーブルが余裕を持って配置されている。トイレも男女別にあるので、ここで、トイレを済ませておくことをお勧めする。

ビール x 3 杯=¥1500と安く済むのがありがたい。

 

 

3) ザ・グレートバーガー♪

 

さて、ほろ酔い加減で、裏路地散策を兼ねて、ハンバーガショップに向かおう。普通の民家とこ洒落たお店が混在しているのが面白い。君が初めて訪れるとしても、グーグルマップがあるから、辿り着けるだろう。

ザ・グレートバーガーは、アメリカンな面構え。手前のテーブル席、窓際のカウンター席があるが、できれば、奥のアメリカンサイズのテーブルに陣取りたい。タトゥーをした店員さんに、「長居はしないから」と言えば、2人でも座れる可能性大。

 

 

dsc05319

 

 

まあ、相変わらず、僕はビール。彼女は、アイスコーヒー。

 

dsc05320

 

 

クラムチャウダーがあったので、一つだけオーダー。これを、彼女とシェアし、ビールを飲みながら、定番の「ベーコンチーズバーガー」と「ダブルチーズバーガー」が到着するのを待つ。

 

 

dsc05325

 

じゃーん、手前が、彼女の「ベーコンチーズバーガー」、奥が、僕が頼んだ「ダブルチーズバーガー」!! やはり、ハンバーガーは本能を刺激する食べ物だなと感じますね。

彼女が、バンズを包んでくれて、手渡してくれる。このままでは、顎が外れてしまうから、上からバンズを押して、ハンバーガーの背の高さを調節する。そして、パク!

 

彼女が、このハンバーガーを大きなお口を開けてパクリ、これも、ちょっと、セクシーだよね。そして、お約束のハンバーガーの交換。それが済むと、僕は、ハインツのケチャップとマスタードをタップリかけて、自分仕様にして、パクつく。

フレンチフライは、細切りのマックタイプ(手前)か、ざく切りタイプ(奥)が選べます。

ここは、上記全部で、¥5,500前後ですね。

 

 

4) 青山通りを見下ろすカップルシート♪

 

さて、おなか一杯。

腹ごなしに、今来た裏路地をブラブラ歩いて、でも、微妙に通る路地を変えてみて、変化を楽しみながら青山通りまで戻ろう。表参道だと、いい大人が手を繋ぐのも抵抗があるけれど、この裏路地は、大人が手を繋いで歩くのに丁度いい雰囲気だ。

さて、今宵の3軒目は、青山通りを見下ろせるカップルシートのあるバー、「カシータラウンジ」(ラ・ポルト青山 6階)だ。ここは、同じビルの3Fに入っている、有名な「カシータ」のバーラウンジだ。確か、昔は、「246」という名前だったと思う。

カップルシートは、幾つかあるが、僕は、青山通り沿いのカップルシート、マンション風に言うと、角部屋にあたる位置の場所を予約しておいた。

彼女には、飲みやすい「グレイグース」という、最近、人気のフランスのウォッカをベースにしたチェリーのカクテルを選んであげた。この「グレイグース」は、アルコールが強いにも拘わらず、味がマイルドで、フルーツとの相性がいいという優れもの。つまり、、、女の子に飲ませやすい、酔わせやすい、、、、という代物。まあ、紳士の読者の方々が、どう活用するかは、大人の判断にお任せしよう。

 

dsc05339

 

 

グレングースとチェリーのカクテルとモヒートで乾杯。

おなか一杯なので、おつまみは、「ナッツ類」。彼女によれば、「アーモンド」を1日、何粒か食べると「アンチエージング」に効果だとか。

 

さて、窓からは、ご覧の通り、青山通りが一望できる。

夜景には、「高層階夜景」、「中層階夜景」、そして、中層階なら、「テラス席」というセッティングもあるが、通り(青山通り)を見下ろす夜景は、ありそうでないので、彼女にも新鮮に映っている様だ。

カクテル x 3、ミックスナッツ =¥6000前後。

今回のグルメデートは、総額¥13000前後。お財布にも優しい「グルメバーガーデート」、おすすめです。

 

dsc05349

ページトップへ