横浜中華街!『激痛』足裏マッサージと『激辛』麻婆豆腐で心身ともにデトックス♪

2016年10月16日

季節の変わり目は、「足裏マッサージ」で乗り切ろう♪

 

最近は、朝晩、ひんやり。めっきり、秋の気配ですね。暑い夏、そして、雨の多かった9月と季節の変わり目で、体に疲れが溜まりやすいこの時期。そう、そんな彼女に、こんなグルメデート企画を提案しました。

こんな時こそ、異国情緒の横浜中華街へ繰り出して、非日常へ”ショートトリップ”しよう。まず、「激痛」足裏マッサージで、のたうちまわり、リンパを出し切り、足が軽くなったところで、激辛「四川料理」で、カプサイシンを大量に摂取し、汗をかいて体のデトックスをしようよ。そして、そのあとは、伝統ある大人のバーで、「夏の反省会」しようよ。

 

待ち合わせは、「元町中華街」♪

 

さて、目指す「足裏健康館」は、今年で37周年。中華街東門から徒歩1分の近さ。色々なTVのバラエティー番組でも紹介されており、有名どころでは、フィギュアスケートの安藤美姫が来店してます(色紙がありました)。

http://www.ashiura.jp/

東門から、中華大通りを進み、2つ目の角を左折して、暫く行くと右手に、フカヒレ専門店の「廣翔記本店」が見えてきます。そのビルの2階が、「足裏健康館」だ。この黄色いマークが目印。

 

dsc06826

 

dsc06831

 

 

足裏マッサージ 30分コース ¥3000なり♪

 

まあ、中華街なので、例えば、赤坂にある様な、おしゃれなマッサージ空間ではありません。リクライニングチェアが、大部屋に7つ並んで、お隣との仕切りはなし。もちろん、女性が着替えるための更衣室(カーテンで仕切られている)、女性レンタル用の大き目のトランクスはあります。まあ、男は、靴下を脱いで、ズボンをたくし上げればいいだけですが。

さて、彼女と並んで、まず、足の温浴を開始!女性には、女性のマッサージ師がついてくれます。

 

img_7069

 

暫く、温浴で足を温めて、台に足を載せます。

一応、マッサージの強さは、3段階あって、「激痛」、「イタ・キモ」、「リラックス」から選べます。まあ、見栄をはって、「激痛」というと、ほんとに、笑っちゃうくらい痛い!もちろん、途中で、弱めてもらうこともできるので、自分にあった痛さを選ぼう。

さあ、「激痛」と「イタ気持ちいい」の間を彷徨う30分間の始まりだ。

はやくも、彼女は、悲鳴を上げながらのた打ち回り、僕も我慢できず、「イテ、イテ、イタイ!!」なんて、僕ら2人は痛さにのた打ち回り、でも、それが、不思議と快感なんですね。

 

img_7085

 

そして、足裏の痛い場所から、「疲れている臓器」、例えば、胃、肝臓、腎臓、小腸、そして、脳、目、耳、、、が疲れてますね、、、と言ってくれるので、とても参考になります。

「あー、肝臓ですか、まあ、休肝日なんて、健康診断の前の日だけだからな(つまり、年1日だけ)、、、」と反省したり、「目」が疲れてますね、といわれれば、「そうなんです。もう、毎日エクセルばかりで、、、」」等々、盛り上がります。

時には、「えーっ、そこですか?」なんていう意外な臓器も。例えば、「生殖器が疲れてますね」と、彼女の前で、マッサージのお兄さんに、あっさり言われた僕は、どうすればいいの?

さて、激痛にのた打ち回ること30分。

でも、これは、楽しいですよ。彼女と2人並んで、ヒーヒー言って、2人の連帯感が増すこと間違いなし。もし、最近のデートがマンネリ化している、、、とお悩みなら、絶対、「足裏マッサージデート」はおススメです。

 

最後に、足をきれいに拭いてもらって終了。ホントに、足が軽くなったように感じます。痛い、楽しい、足のデトックス完了!

 

お次は、「激辛 麻婆豆腐」でデトックス♪

 

さて、彼女と2人、足取り軽く、「足裏健康館」を後にして、1ブロック先の、四川料理の人気店「景徳鎮」へ。心地よい「疲労感?」と「達成感?」に浸り、まずは、乾杯!

 

dsc06835

 

スターターは、ご覧の「点心盛り合わせ」。小籠包、フカヒレ餃子、海老餃子、ホタテ、焼売が2個づつ。どれも、ハズレがない、安心の定番ですね。

 

 

dsc06842

 

 

そして、これも定番「鶏肉とカシューナッツ炒め」。これは、唐辛子で辛さを調整できるので、彼女が大丈夫なら、是非、「激辛」で。

 

dsc06840

 

 

〆には、やはり、欠かせない「激辛 麻婆豆腐」。彼女が辛いのが苦手なら、普通の辛さの麻婆豆腐もあります。そして、これに、白いご飯は欠かせません。気取らず、麻婆豆腐をご飯にのせて、掻っ込みましょう!

 

dsc06850

 

もう一つの〆は、「坦々冷麺」。これは、今回、初めて頼みました。ご覧の通り、汁なし麺に、辛みソースをかけて頂きます。

これで、おなか一杯。でも、お代は、1万円未満!

 

 

dsc06856

 

 

3軒目は、ホテルニューグランドの老舗バー:シーガーディアン♪

 

さて、足裏マッサージとカプサイシン効果で、体も軽く、足取り軽く、仕上げは、大人のバーでしっぽりと。景徳鎮から中華大通りに出て、まず、今日の「お持たせ」を買ってあげる。そう、中華街だから、やっぱり、中華菓子。「月餅」に決まり。

そして、つらつら、山下公園方面にあるいて、ホテル ニューグランドへ。新館のフロントを横切り、天井が低い(そこが、歴史を感じさせる)本館へ。そう、みなとヨコハマを代表するバー、「シーガーディアンII」だ。

その昔は、作家では、大佛二郎、池波正太郎らが通い、石原裕次郎も常連だった。そして、まあ、僕の世代では、サザンが「Love Affair 秘密のデート」で、このバーを謳ってますね。

 

マリンルージュで愛されて♫

大黒ふ頭で虹を見て♫

シーガーディアンで酔わされて♫

 

dsc06859

 

 

入り口を入ると、船内のキャビンを模した重厚なバーであることがわかりますね。

中は比較的広く、カウンターのほかに、2人席や、ソファ席も用意されています。この日、カウンターは一杯だったので、入口右奥のソファ席に案内して貰った。

 

dsc06863

 

 

さて、彼女が初めてなら、このカクテルは外せない。

横浜のレンガを彷彿させるカクテル「ヨコハマ」(左)とジンベースの「バンブー」。

そして、おかきとピーナッツ、そしてリンツのチョコ。こんなところにも、何気に、日本人の味覚の守備範囲の広さが現れていますね。

 

これは、先程、「お持たせ」用に買った月餅。彼女の家族分「4個」をお持たせにするところが、ポイントですね。

 

dsc06860

 

 

今日は、アフター5のグルメデートで、エキゾチックな横浜中華街で束の間(3時間半)のショートトリップ。

まずは、『激痛』足裏マッサージで彼女と2人のた打ち回り、『激辛』麻婆豆腐でカプサイシンを摂取し、デトックス。そして、最後は、大人のバーで、〆る。短時間だけど、ダイナミックなグルメデートですね。そして、お持たせは、『月餅』。心身ともにデトックス。彼女の心も体もお腹も満足しているに違いない。

ページトップへ