【芝公園】上品なホテル焼肉(個室)と煌めく東京タワー巡りデート 【前編】

2016年03月14日

 

1) ホテル焼肉デート、個室がおススメ

さて、今回は、ホテルで焼肉、しかも、個室という、二人の仲がもう一段階進化(深化)するセッティングをご紹介しよう。

「焼肉チャンピオン」と言えば、焼肉好きにはつとに知られており、恵比寿が本店ですね。黄色い暖簾が目印で、予約が取りにくい人気店で、カウンターで焼肉ができるカジュアルなお店。その美味しさをそのままに、ホテルの上品さを兼ね備えたお店が、東京プリンスの「焼肉チャンピオン」なのだ。

ここの特徴は、カップル向けに「半個室」が幾つか用意されており、適度にプライバシーが保たれる、といういかにもホテルらしい気配りがされていること。ただ、今回は、更に踏み込み、「ホテル焼肉デート@個室」をお勧めしたい。

予約時に、個室を希望して、更に、ポイントがある。4人用の個室なので、椅子は4つ。何も言わなければ、焼台を挟んで、彼女と向かい合って座るのが一般的。だが、ここは、Master of the Date(デートの達人)、敢えて、「二人並んで焼肉」という状況を作り出すのだ。その心は、そう、ここは、ドア付き完全個室、彼女と並んで座れば、いろんなことができるんだね♡。

DSC03409

 

2) コースがおススメ

ここは、特定の銘柄牛にこだわらず、全国のA5ランクの黒毛和牛を「1頭買い」で仕入れている、。だから、希少部位の肉やホルモンもコースで頂ける。因みに、この日は、「群馬県の黒毛和牛」。

さて、コースが¥6800から用意されている。量的にも、これで十分だと思う。足りなければ、追加でお肉をオーダーすればいいのだから。

写真は、キムチ盛り合わせ。かなりの量があり、嬉しい限り。

DSC03442

 

3) コラーゲンたっぷりテールスープ

キムチをつまみ、ビールで喉を潤して、さあ、スタート!

まずは、ほっこりする「テールスープ」。スプーンで触ると肉がはらはらと崩れるくらい柔らかい。コラーゲンが溶け出していて、味もまろやか。これからの肉に、心トキメク。
DSC03445

 

4) 熟成タン

1人当たり、2枚あります。

両面をよく焼いて、ネギを絡めて、レモン汁を落とし、パクリ。

DSC03447

 

5) 名物 焼きしゃぶ特選サーロイン♪

さて、早くも出てきました。見てください。このサシの入り方。これこそ、A5ランク黒毛和牛!! 恵比寿本店でも有名な、「焼きしゃぶ特選サーロイン」。「焼きしゃぶ」用なので、肉自体は薄いので、両面をさっと炙ってぱくり。一人2切れあるので、一切れ目は、大根おろしの入っているタレで、2切れ目は、甘辛のタレで頂こう。これを、旨くないと言う日本人はいないだろう。早くも、彼女の味覚中枢を鷲掴みにしてしまうこと間違いなし。

ここで、白いご飯が欲しくなる! が、まだ、先は長い。我慢して次の肉を待とう。

 

DSC03449

 

6) 名物 焼きしゃぶ特選サーロイン

さて、この肉で、彼女の味覚中枢はピークに達するかもしれない。

名物「ざぶすき」は、希少部位「ザブトン」と言われる部分で、それを軽く炙り、一口目は、三河産の濃厚卵(写真右手)にくぐらせて食べる。そして、二口目は、白いご飯(写真左手)を包んで食べる。

もう、これは、たまりませんよ。

「焼きしゃぶ」と「ざぶすき」で、彼女の味覚中枢は、完全にノックアウト間違いなし!!

DSC03452

 

7) お後は希少部位の赤身肉とホルモン♪

さあ、まばゆい霜降り肉を堪能したら、お次は、「希少部位」の赤身とホルモン。

手前が、「クリ」、奥が「ミスジ」。クリは肩肉の一部で、非常に柔らかい。ミスジは胸肉の一部で、1頭から2Kg 位しかとれない希少部位で、サシも美しい。

奥のお皿がホルモンで、シマチョウ(大腸)でとミノ(牛の第一胃)。

DSC03460

 

8) 〆は、3種類から選んで♪

この日は、担々麺、冷麺、カルビクッパの三種類からのチョイス。左が、彼女が頼んだ「冷麺」。右は、僕が頼んだ「カルビクッパ」。勿論、彼女と交換して、両方とも食します。冷麺は、かなり秀逸。汁も美味しい。カルビクッパも適度な辛さで、交互に食べると美味しさも増しますね。

DSC03462

さて、美味しいお肉で、おなか一杯。

この後は、煌めく東京タワーを巡るデートと洒落こもう。

ページトップへ